ホーム > ビジネス用物件 > 「URニュータウン事業用地サイト」 > 月刊 用地BIZ > [千葉ニュータウン特集]工場・生産用地
企業の立地 土地の利用にこたえる都市づくり URニュータウン事業用地サイト
  • 0120-555-867
    営業時間 9:15〜17:40 (土日祝日を除く)
  • 閲覧履歴
  • 候補リスト
  • TOP・用地検索
  • 制度・特集
  • 公募中一覧
  • ご契約の流れ
  • 資料請求
  • お問い合わせ先
  • はじめての方

月刊 用地BIZ 2017

首都圏最後の大規模用地 千葉ニュータウン「いま、成長ビジネスの積極的な進出が加速する注目エリアの実力とポテンシャルを探る」

千葉ニュータウン、業種別おすすめ画地

 小規模画地から希少性の高い大規模画地まで、事業者様の希望する用途に合わせたバラエティ豊かな画地の提供が可能である千葉ニュータウン。特急である成田スカイアクセスの停車駅である千葉ニュータウン中央駅、印旛日本医大駅を利用する事で、都心へはおよそ1時間以内でアクセスできる好立地を活かし、様々なビジネスの成功に寄与するべく業種別におすすめの画地を紹介させて頂きたい。

工場・生産用地

イメージ 交通条件【道路】としてのメリットは、国道464号線及び国道16号線を利用することにより、東関東自動車道千葉北インターや常磐自動車道柏インターにアクセスしやすいこと、また、北千葉道路及び県道千葉ニュータウン北環状線が将来的に全面開通することにより、成田空港へのアクセス向上はもちろんのこと、東西の流動性の向上が見込まれることが挙げられます。交通条件【鉄道】としてのメリットは、日本橋までアクセス特急利用で約40分、成田空港まで約28分、そして、成田空港から羽田空港へと乗り換えなしでアクセスできることが挙げられます。また、街づくりの観点から住宅地から離隔された操業環境は大きな魅力と言えます。

西白井・白井・小室駅圏

西白井・白井・小室駅圏画地の詳細を見る

白24(0.5ha)

小室駅から徒歩圏であり、国道16号線に接し、立地施設のプランニングがしやすい整形地で、かつ、国道16号線との高低差は少なく概ね平坦な画地です。四方すべてが道路に接していることも操業環境としては魅力的です。

白25(3.8ha)

小室駅から徒歩圏であり、国道16号線及び県道千葉ニュータウン北環状線にも接道しており、道路環境の利便性が高い画地です。3.8haの準工業用途地域の画地であり、大規模工場の立地も可能です。道路及び緑地に囲まれた画地は、操業環境としては魅力的です。

お問合わせフォームお問合わせ案内案内図

このページの先頭へ